About

自己紹介

Yuuka (ゆうか)

6歳からバレエを始め日本女子体育大学へ入学。在学中に出逢った社交ダンスに目覚め、卒業後プロへ転向、東京で8年近くインストラクター兼プロダンサーとして活動。数々の競技会やショーをこなす。元JDC東部総局ラテンA級。

2014年にオーストラリア、シドニーへ渡豪しダンススタジオでインストラクターとして幅広い年齢層にレッスンをしたり、小学校でダンスプログラムを行う。ダンスパートナーと競技会に出場しながら多忙な生活を送る中、以前から興味のあった身体や栄養学についての勉強がしたくなりオーストラリアでパーソナルトレーナーの国家資格を取得する。

オーストラリア人の夫との結婚を機に、現在はブリスベンの田舎に移住し山暮らしをしながらフリーランスで活動中。趣味は家庭菜園、クッキング、アウトドア。地球に優しい生活を目指して日々活動中。フィットネスを通じて誰かの日常をよりハッピーに、心と体のバランスを大切に、健康でいきいきした人生を送るためのお手伝いをしたいと思っています。

パーソナルトレーナーになったきっかけ

私の人生の大半はフィットネスと関わっているといっても過言ではありません。6歳からバレエを始め週6日レッスンに通うバレエ漬けの日々。幸い健康にとても気を使う母のおかげで、上京するまではとても健康的な食生活をしていました。

大学に入学し初めての一人暮らし。料理の仕方も何を食べればいいのかも分からず食生活は乱れ始め、一人暮らしが楽しくてお菓子や外食、コンビニ食、ファストフード、友達との飲み会など好きなものを好きなだけ食べられる生活にすっかり甘えてしまいました。

幸い激しい体育会系の部活に所属していた為、運動量があり助かりましたが、お腹が空く度にパンやご飯など栄養素の少なくカロリーばかりの食品に毎回手が伸び、20歳の時には人生で一番重い体重と体脂肪になってしまいました。そんな頃に迎えた成人式はあまり良い思い出ではありませんでした。

その後、自己流でダイエットを始めました。食べ物を制限するのは良くないと分かっていたので、炭水化物をひたすら抜こうと思い、朝はグレープフルーツだけ、昼は小さな小鉢を2~3個、夜はチキンサラダというような食べてはいるけど、バランスや栄養素がめちゃくちゃな食事法をしていました。

多忙な日々と運動量のおかげか卒業する頃には元の身体に戻り、ダンススタジオに就職が決まりダンサー、インストラクターとしての日々がスタートしました。職場では仕事柄、昼夜逆転の生活になり、キッチンもなく外食に行く時間もない毎日で、日々の食事は弁当屋かコンビニでした。人生で一番添加物を摂っていた頃だと思います。睡眠もままならず、それでも日々やってくる競技会やショーに向けての練習、ストレスで食べても食べても痩せていく一方。もっとダンサーとして身体を大きくしたかったのにその当時は何もかもが空回りでした。

実はその頃から、海外遠征した際に見た海外選手の身体の大きさや筋肉量に衝撃と疑問を持ち、どうして日本のダンサーはアスリートなのにこんな食生活になってしまうんだろう?痩せているダンサーが多いんだろう?どうやって海外選手はあんな身体を手に入れているんだろう?と思うようになりました。

そしてもっとしっかりと身体や食事、トレーニングについて勉強したい!そしてプロのダンサーやこれからダンサーになる人達に知識を伝えたい!と心の中でずっと思い続けていたことが、ようやく6年前のオーストラリア渡豪後に叶ったのです。沢山の知識を得て、何を食べ何が身体に良いか分かり、今私の身体は外も中も最高にハッピーで今までで一番健康だと胸を張って言えます。この7~8年大きな体重の変化もありません。
一見ダイエットと無縁なダンサー人生を送っていたように見えますが、こんな私でも山あり谷あり、食や自分の身体に悩み苦しんだ時期もあったのです。そしてエクササイズは外見が変わるだけではなく、メンタルにも大きな影響を与えてくれることを知りました。

だから今こそあらゆる年代の人に、運動の大切さ、食事の大切さ、心のバランスの大切さを伝え、皆さんがそれぞれが思う最高の人生を送るためのお手伝いをしていきたいと思っています。

Yuuka